サンマとプチトマトのオーブン焼き
サンマの美味しい季節には、たっくさん食べたい!
だけど、いつも和風に塩焼きじゃ、ちょっぴり飽きてきます。
時には、洋風も心楽しいもの!
簡単にできたら、さらに嬉しい!


*材料*
さんまの三枚おろし プチトマト にんにく パセリ パン粉 塩 胡椒

*作り方*
1.耐熱皿にオリーブオイルを塗っておく。
2.耐熱皿に、一口大に切ったさんま、プチトマトを均等にのせる。
3.みじん切りにしたにんにくを散らす。
4.塩、胡椒、、パン粉、塩胡椒、パセリをのせる。
5.250度に温めたオーブンで20分ほど焼く。

こりすキッチン・プチマルシェ
耐熱皿と言ったら、こりす家では、フランスの陶器ブランド「エミールアンリ」です!
最近は、こんなにカラフルになったんですね!
キッチンが明るく楽しくなりそう!



バナナを4本も使ったしっとり、リッチなバナナケーキ
バナナがいっきに熟しちゃってどうしよ〜ってことになったら、ぜひ作ってみてください!
バナナの香りが思いっきり豊かな、と〜ってもリッチ&簡単ケーキなんですよ!
ケーキっていうより、フルーツデザートってくらい!は大げさかな?
こりすレシピは、いつもは分量なしですが、今回はお菓子なので分量は書きますね!
でも、計りやすくってとっても気軽!


*材料*
バナナ 4本  薄力粉 100グラム  砂糖 大さじ5 バター70グラム 
ベーキングパウダー 小さじ1  たまご2個

*作り方*
1.ボールに溶かしたバター、砂糖 ほぐした卵 をまぜておく。
2.ベーキングパウダーを混ぜた薄力粉をふるって、1のボールにいれる。
3.バナナ3本をフォークで荒くきざんで2のボールにいれ、さ〜っくりと混ぜる。
4.お好きな型に流し込み、残りの1本のバナナを輪切りにしてのせる。
5.170度のオーブンで、40分〜50分焼く。
*型にオーブンシートに切り込みを入れて敷き込んで、たねを流すとラクです!

(*´v`*)こりすぷちマルシェ
ご存じクイジナートのミニ・フードプロセッサーですが、これは今年のニューカラーなんです!
その名も「サーモンディップ」!サーモンディップカラーの可愛らしいピンクプロセッサーで、美味しいディップを作ってみましょう!




春野菜のフリッタータ
有元葉子さんのレシピで知って、よく作るイタリアのオムレツです!
季節の野菜を自由に使って作ります。
と〜っても簡単で、見た目もきれいなんですよ!
冷めても美味しいから、お弁当にも向くんですって!

*材料*
たまご 6個  生クリーム100cc 溶けるチーズ 50cc 
赤ピーマン 空豆 椎茸 玉ねぎ 塩 胡椒 
*作り方*
1.卵を割ってときほぐす
2.生クリーム、チーズ、塩、胡椒を卵に入れ、かき混ぜる。
3.ピーマン、椎茸、玉ねぎは一口大に、空豆はさやから出し、薄皮をむく。
4、・広めの耐熱皿に切った野菜を並べ、卵液を流す。
5.170度のオーブンで30〜40分焼く。
6・あら熱がとれたら、好きな形に切る。
    生クリームは、牛乳に変えても大丈夫!あっさりした仕上がりに!
こりすプチマルシェ
料理研究家の有元葉子さんのキッチンブランド「ラ・バーゼ」のキッチンツールスタンドです!アルミダイキャストという素材ですが、どっしりしていて安定性はバッチリ!
シャープなデザインも素敵です!気軽に洗える機能性も完璧!



カジキの混ぜごはん、パエリア風
スペインのお料理、パエリア。
何だか無性に食べたくなる大好きなお料理!
本格的にやろうとすると、材料もいろいろそろえなくちゃ!だし、結構美味しく作るのってむずかしいんですよねー。水加減とか・・・。
で、こりす式は混ぜご飯タイプで超簡単!
これなら気軽にパエリア風ご飯がいつでも食べられますね!
欠かせないのは、サフランです!これ、最大のポイント!


*材料*
米 カジキマグロ 玉ねぎ にんにく サフラン 塩 胡椒 バター
*作り方* 
1.米をといで30分おく。
2.サフランをパッパッと炊飯器に振り入れ、バターも一かけ。
3.普通に炊く。
4.みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルでじっくり炒め、千切りしたたまねぎを透き通るまで炒める。
5.カジキマグロをさいの目に切り、4のフライパンに入れて焼き付け、塩、胡椒(きつめに)
6.炊きあがったサフランライスに、炒めたカジキマグロを入れ、さっくり混ぜて出来上がり!
*あさりなど貝類のみでも、その他のお魚でも!単品で出来る手軽さが嬉しいけれど、もちろん豪華に多種の材料を使っても!
♪♪♪♪♪こりすプチマルシェ♪♪♪♪♪♪♪
小さな女の子はママのお手伝いが大好きっ!
それがお菓子作りなら、もう夢心地ってくらいでしょうね!
お料理好きになるためのステップに最高かも!
この藤野真紀子さんの「manymanykake」のキッズセットは、小さいけれど「本物!」なんです!贈り物にも!

 




季節はずれのラタトイユ
ディズニー映画の「レミーのおいしいレストラン」は、ディズニー大好きの私の中でも3本指に入るくらいだ〜いすきな作品!原題は「ラタトイユ」って言うんですよね〜。
夏野菜を一滴の水も加えず蒸しにするフランスの家庭料理ですが、「レミー〜」の中では、重要な役割で登場していました。そのラタトイユ、冬に作りたくなったら・・・・。トマト缶を使って、今美味しいじゃがいもや豆なんかも入れちゃって、「季節はずれのラタトイユ」なんてネーミングにして楽しんじゃいましょう(^^)


*材料*
トマト缶 赤黄ピーマン たまねぎ じゃがいも あれば煮た豆 にんにく しお こしょう
1.みじん切りしたにんにくをオリーブオイルでじっくり炒める。
2.スライスした玉ねぎをすきとおるまで炒めて、ピーマン類、じゃがいもを炒め合わせる
3.トマト缶をくずしながら入れ、しお こしょうをする。
4.蓋をして40分〜50分、弱火で煮込む。
5.しお こしょうで味を調え、パスタやごはん、クスクスなど、お好みのものを添えていただきま〜す(^_^)v

♪♪♪♪こりすプチマルシェ♪♪♪♪♪♪♪
「レミーのおいしいレストラン」のサウンドトラックは、パリが舞台の本作らしいパリテイストた〜っぷりの洒落た一枚!このサントラを聴きながら、フランスの家庭料理に挑戦したら、気分サイコー!ですっ!ワイン片手に、ねっ(^_^)v


山芋のお好み焼き
材料少なめ、簡単レシピが信条の「こりすレシピ」ですが、今度からたま〜に、たった2つの材料のみで作れる、その名も「アン・ドゥ・レシピ」なるものを考案中なんです!
その第1弾は、長芋と豚薄切り肉の二つだけで作るお好み焼き!
用意する材料が少ないって、ホント、お料理に取りかかるのが、不思議なくらい「気楽!」になりますよ(^_^)/~(調味料は材料に含んでいません)


*材料
長いも  豚薄切り肉 醤油少々 サラダ油少々
1.長芋をすり下ろす 
2.豚薄切り肉は1cm位に切る。
3.フライパンに油をしき、肉を色が変わるくらいに炒める。
4.小さめのおたまで長芋を肉の上に流し焼き、裏返して両面をこんがりと!
5・鍋肌に醤油をジュッとかけて出来上がり。
「アン・ドゥ」じゃなくなるけれど、にらを入れても美味しいですよね(^^)
削り節や青のりを振りかけて、「いっただっきまーす!」
子どもたちに、「あん・どぅ・お好み、つくってぇ〜」と、すごく人気のレシピです(^o^)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
こりすぷちマルシェ
料理研究家有元葉子さんのキッチンブランド「ラ・バーゼ」のチタンのブラックスプーンのご紹介です!これ、本当に!使いやすいですよ!チタンだから丈夫さは保証付きで、フライパンの炒め物などもやりやすいし、そのまんま盛りつけらっくらく〜!もちろん、テーブルにおいて、みんなで使いましょう!有元さんの審美眼で制作された、機能性ととセンスに溢れた「ラ・バーゼ」は、一生のお供にしたい逸品ばかり!
今なら送料無料&割引お値段(^_^)v



帆立貝焼きみそマヨ

青森は帆立王国!
新鮮なおさしみは最高のお料理法だけれど、時にはこんな焼き帆立も良いものです。貝焼き味噌は、おなじみの逸品だれど、「材料少なめ」「超簡単」のこりすレシピで、作ってみませんか?ホタテ貝があると、雰囲気・だけれど、オーブンに入れられる耐熱のお皿でももちろんOK!


*材料*
帆立貝柱  長ネギ 味噌 マヨネーズ みりん 醤油 七味 

1.帆立はたてに4〜5つに切る。
2.長ネギを3cm位に切って、さらに短冊に切る。 
3.味噌マヨを作る。
  調味料をすべて混ぜ合わせて、とろっと流れるぐらいのとろみに。
  めやすは、味噌が3 マヨネーズが1ぐらいの割合!
4.貝殻に、ねぎ、帆立をのせ、味噌マヨをとろっとかけて、280度のオーブンで
  8分ほど焼く。

こりすプチマルシェ

冬だって、パリパリと生野菜を食べたくなることがあります!
サラダの水切りって、意外と手こずるもの。
このサラダスピナーさえあれば、一瞬ですっきりと水がきれます!




レタスカップ・焼きそば
焼きそばって、何故だか無性に食べたくなります。
でもお皿一杯に食べちゃったら、ちょっと心配・・・なんて時にこんな食べ方はいかがでしょうか?レタスをカップにして、そのまんまムシャムシャ!パクパク!
手づかみで食べちゃうってとこが、子どもたちにも大人気!レタスは丸ごと1個、家族でぺろり、ですよ!


*材料*
レタス 蒸し麺 豚挽肉 干し椎茸 にんじん 玉ねぎ ショウガ ごま油 醤油 オイスターソース
塩 胡椒
1.干し椎茸 にんじん 玉ねぎ ショウガをみじん切りにする。
2.ショウガをごま油で炒め、香りが出たら、玉ねぎ、にんじん、干し椎茸を炒め、豚挽肉も炒める。
3.塩 こしょう 醤油 オイスターソースで味付ける。
4.焼きそば用蒸し麺を油をひいたフライパンにのせて、そのままくずさず、じ〜っくり焼き付ける。焦げ目がつくまでガマン、ガマン!
5.レタスを洗って水気を切って、なるべくカップ状のものを用意。
6・レタスをカップに、麺、肉味噌をかけて、ムシャムシャくるんで食べる!

*焼きそばを使わない場合は、春雨をみじん切りにして肉味噌に入れ、レタスカップで食べるのもまた、美味しくて、ヘルシー!

こりすプチマルシェ
尊敬する料理研究家、有元葉子さんの「ラ・バーゼ」のまな板のご紹介です。
長いものを切る時は二枚並べて。普段は、あまり大きくないサイズを気軽に出して使う・・・とっても機能的なアイディアは有元さんらしい!





そばの実と枝豆の和え物
そばの実と言っても、そば茶を飲んだ茶殻を使っちゃいます!・・・とっても香ばしくって、栄養がまだまだぎっしりつまっていると言うのですから、決して捨てられません!
旬の時期に食べきれず、冷凍している枝豆があったら、さっと出来ちゃう和え物です!
日本酒のつまみにも良いですよー♪


*材料*
そば茶の茶殻 枝豆 塩少々 醤油 酢 ごま油少々
1.ボールに、茶殻、枝豆、調味料全てをいれ、さっくりと混ぜ合わせる。
2.盛りつける・・・それだけ・・簡単・^^;
♪♪♪♪♪♪♪♪

代官山のおしゃれなキッチングッズを扱う「チェリーテラス」。
私たちに、洗練され機能的な、かつ潤いあるライフスタイルを提案し続けてくれています。チェリーテラスのオリジナルボールセットは、かなりのお薦め。
これ一組あったら、ボールに、ざるに、サラダスピナーに、丸トレイに・・・ほぉんとお役立ち!お鍋とこのボールセットがあったら暮らせちゃうって思うくらい!




そばの実と玄米のリゾット

相次ぐ値上げに「音を上げたい」気分・・。
でもそうも言ってはいられません!
やりくりしながら、楽しく乗り切っていきましょーっと言うことで、本来は捨てちゃうことも多いそば茶を出した後の茶殻をそのまんま食べてしまうリゾットのご紹介です
プチプチした食感が結構いけるし、ルチン他の栄養も丸ごととれるし、生ゴミを減らせるしで、「一石三鳥」!って感じです♪
スープもそばの実の風味がうっすら移って香ばしいですよ〜!
飲み過ぎた次の日なんかはこれに決まり


*材料*
そば茶の茶殻 玄米 モロヘイヤ オクラ 黄ピーマン ミョウガ 貝割れ 玉ねぎ
コンソメキューブ 塩 胡椒 ごま油 

1.水にコンソメキューブを入れて溶かす。
2.玉ねぎの薄切りを入れ透き通るまで煮る。
3・玄米 そばの実 薄切りカラーピーマン を入れて煮る。
4.軽く茹でて輪切りにしたオクラ、茹でてざく切りのモロヘイヤを入れて塩胡椒で味を調える。
5.仕上がりに、ごま油を回しかけ、器に盛ってミョウガと貝割れをのせいただく。
胡椒をた〜っぷり挽いて召し上がれ!
   お野菜は季節のもの、あるいは冷蔵庫にあるもので!
♪♪♪♪♪♪♪
ダンスクのホーローの両手鍋のご紹介です。
リゾットもシチューもはたまた毎日の味噌汁も、何でもコトコト煮てしまいましょう。
何たって、暖かい食べ物に心癒されるシーズンの開幕jなのですからっ!
赤のお鍋って、キッチンに置くとやる気が湧いてくる不思議な色なんですよー!



トマトといんげんのサラダ

美味しいトマトはそのまんまかぶりつきたい!
でも、何かぼんやりした味のトマトだな〜って時の簡単サラダです。
ワンプレートディッシュの一品としても彩りになりますよ!



*材料*
トマト 茹でたインゲン 玉ねぎ 赤ワインビネガー 塩 胡椒

1.トマトは湯むきして角切りにする。
2.インゲンは斜め切り 
3.玉ねぎは薄切りにして、5分水にさらし絞る。
4全部ボールに入れて、オリーブオイルを回しかけ、塩 胡椒、赤ワインビネガーをふる
5・冷蔵庫でしばらくねかせる(ここがポイントです!なじんで甘〜くなります!)
*****
フランス車で有名な「プジョー」のペッパーミルのご紹介です!
お色はフランスらしく「チョコレート」!
黒胡椒をガシガシ!気持ちよく挽けますよ!



「豚肉のたっぷりハーブ挟み焼き」


イタリアのお料理、「サルティンボッカ」は、生ハムを使うらしいのですが、これは、身近な豚肉を使って簡単に!もしもお庭にハーブがたくさん育っていたら・・ぜひ、やってみてください!これはセージを挟みましたが、ローズマリーでもタイムでも、ミックスしてもどんなハーブでも合います!挟んだセージが見えなくて残念!たーーっぷり挟んでいるんですよ!

*材料*
豚ロース厚切り肉 ハーブならなんでもたっぷり 塩 こしょう 生クリーム
おろしにんにく

1.豚肉に包丁を入れ、ポケット状にする。
2.ハーブをたっぷり挟み込む。
3・塩 こしょう おろしにんにくをすり込む
4・オリーブオイルを熱して、裏表を良く焼く。 
5・生クリームを流し入れる。
  あれば、ケイパーを最後にパラパラとかけて、お肉と一緒に食べると酸味が加わって凄く美味しくなります!でもなくても十分美味しい!
*****
美味しいお肉を焼くための道具。
わざわざ特別な物がなくても焼けるけれど、あったらやっぱり違いますっ!
南部鉄器の鉄のフライパングリル。カリッとふっくらびっくりの美味しさ!
ストライプの焦げ目が見た目も良くって!
野菜を焼いても美味しいですよー!




「ながいものパンケーキ」


ながいもはとろろかけごはんも、千切りににして醤油とのりをかけて食べるのも大好き!
でも時には、フライパンでカリッと焼いて食べるながいもも食べたくなります!
子どもたちも大好き!大人もビールやワインにぴったりだから大好き!(笑)

*材料*
ながいも 半本  小麦粉 50グラム バター(サラダ油でも) 醤油 酒 砂糖

1.ながいもは皮をむいて、輪切りにし、やわらかくなるまでゆでる。
2・お湯をきって、マッシャーなどでつぶす。
3.小麦粉 塩少々(分量外)を入れよくこねる。
4.丸く形を整える。
5.フライパンにバターを入れ、香ばしく焼く。
6.こんがり色づいたら、醤油、酒、砂糖を混ぜたものをジュッとかけて出来上がり!


*****
お菓子研究家 藤野真紀子さんの「menymenymake」の微量計のご紹介です!
お菓子作りでは、計量がとっても大切なポイントだそう!このはかりならバッチリです!
微妙な量を確実にだしてくれますよ!もちろんお料理にだって大活躍!
藤野さんの洗練されたデザインもさすが!です!


。)


「かぼちゃのニョッキ」


ニョッキは、今やポピュラーになりました。
でも、ほんと〜に簡単に作れる!ってことで、あえてご紹介!

*材料* 
かぼちゃ四分の一個  薄力粉100グラム  ホワイトソースまたは生クリーム

1.かぼちゃを適当に切って柔らかく茹でる。
2・お湯をきり、マッシャーなどでつぶす。
3.小麦粉を入れこねて、耳たぶ位の堅さにする。
4・たっぷりのお湯を沸かし、一口大にした3を茹でる。
5.ホワイトソースまたは生クリームを熱し、4にからめる。


****
藤野真紀子さんの「meny meny meke」の粉ふるいのご紹介です。
お菓子作りの便利で手放せない一品となりそう!






「春キャベツのスープ煮」

春キャベツの季節ですね!
「どうやって食べようかな?」って思ったら、迷わずこれっ!
だってすご〜く簡単で、キャベツの旨みがぎ〜っしりつまってる感じ。
粗挽きこしょうたっぷりかけて召し上がれ!

*材料*
キャベツ ベーコン 固形スープ 水 ローリエ 塩 こしょう  

1.キャベツは芯をつけたまま縦四つ割にする。 
2.ベーコンは長さを2〜3等分にする。
3.鍋にキャベツとベーコンを入れ、ローリエ一枚、固形スープ1個を入れる。 
4.水カップ2カップ、塩 こしょうをふり、ふたをして火にかけ、煮立ったら弱火にして20分〜30分煮る。


*****
おなじみ「ル・クルーゼ」の、ちょっと珍しい蓋付きスープボールです!
ほかほかスープが冷めずにいただけることはもちろん、キャンディーポットにしたり、キャニスターがわりに調味料を入れて使ったりと、アイディアしだいで楽しめます♪
今なら10%オフなんですよ!







「あさりと豚肉のハーブ煮込み」


さわやかなハーブの香りとあさりのこくがとっても春らしさを感じさせてくれる一品。
なのに、作り方はか〜んたん!の便利なレシピです!
ぜひ、パスタを添えてスープに入れながら召し上がって下さい!

*材料*
豚肉ロースかたまり肉 あさり にんにく タイム 塩 こしょう 白ワイン とうがらし

*作り方*
1.にんにく1個はつぶして、たっぷりのオリーブオイルでじっくり香りがでるまで炒める。
2.長めの一口大に切った豚肉に、タイム、塩こしょうをまぶして10分置いてから、1の鍋で焦げ目がつくまでいためる。 
3・200CCの白ワイン、あさり、とうがらしを入れてふたをして10分くらい蒸し焼きにする。

*****
スープ煮込みにぴったりな北欧メーカー「イッタラ」の「Bttana」スープボールのご紹介です。スープによし、シリアルによし、パスタを盛りつけてよしの万能ボール!
イッタラの食器は本当に機能的、かつ飽きがきません!








「お手軽タルト・フランベ」

「タルト・フランベ(玉ねぎのタルト)は、フランスの田舎、アルザス地方の郷土料理です。
冷凍パイ生地を使えば、手軽にその香ばしさが楽しめます。

*材料*

冷凍パイ生地  ベーコン(出来れば厚切り) 玉ねぎ 生クリーム
塩 こしょう

1・パイ生地を10分ほど室温にもどして、麺棒で薄くのばすし、適当な大きさに切る。
2.玉ねぎを薄切りにしてボールに入れ、大さじ一杯の生クリーム、塩こしょうをしてざっくりまぜる。
3.ベーコンは拍子切り。
4.パイ生地に2.3をのせ、200度のオーブンで15分ほど焼く。(様子を見ながら)


******
フランスの調理器具メーカー「クイジナート社」のフードプロセッサーは有名です!
でもこんなにコンパクトでスタイリッシュな黒のモデルはあまり知られていないよう・・・。
狭いキッチンにも、すきっと収まるデザインです!






「ちょっと辛いよ!たらこのパスタ」

たらこパスタを作ろうとしたら、こどもたちが「めんたいこパスタの方がいいね」と言うので、思いついたちょっと辛いパスタです。市販の明太子は着色料入りが多いし、上等な物は高いのが難点。これなら、お手軽に明太子風パスタが楽しめますよ!

*材料*
ロングパスタ たらこ 豆板醤 塩 レモン 醤油 こしょう 日本酒

1.パスタをゆで始める。
2.ボールにたらこ 豆板醤 レモン少々 塩 こしょう 醤油ひとたらし 日本酒少々をよく混ぜておく。
3.茹であっがったパスタをざるにあける。
4.空いた鍋に、2を入れて軽く炒め、パスタを入れからめ、お皿に!

******
藤野真紀子さん開発の「many many make」は可愛らしいキッチン用具(特にお菓子作りの)がたっくさん!今回のご紹介は、ステンレスのプレートです!カプチーノにココアパウダーで、焼き菓子に粉砂糖で・・・素敵な絵をつけてみて下さいね!
(





「玄米のチーズコロッケ」

その通り玄米を使ったコロッケです。モッツレラチーズがとろりと溶けて、表面はかりっかり!それに、じゃがいもをつぶすより、簡単なんですよー!

*材料*
炊いた玄米 モッツラレラチーズ パン粉 小麦粉 卵 ケチャップ

1・炊いた玄米をすりこぎなどで軽くつぶして、トマトケチャップを入れる。
2.角切りにしたチーズを1で包んでまぁるくする。(チーズがすっかり隠れるように)
3.小麦粉 溶き卵 パン粉の順に付けて中温でからりと揚げる。
4・お好みでソースをかけて召し上がれ!

ちなみに、パン粉はプロセッサーなどで、細かくするとちょっと上品な仕上がりに!

******
おなじみ「ル・クルーゼ」のちょっと珍しいステンレス物のスターターセットです!かなりお買い得になっています!





「玄米のパンケーキ」

玄米って、外国では野菜のひとつとして扱われているんですって!
そう考えると、素材のひとつとしていろいろなレシピが浮かんできそうです。
ワインのお供になりそうな一品。

*材料*
炊いた玄米 パルメザンチーズ 醤油 バター 白ごま

1.炊いた玄米に白ごまを混ぜる。
2.フライパン(できれば鉄鍋や厚手ステンレスのフライパン)を熱しオリーブオイルをひき、白ごまを混ぜた炊いた玄米をまぁるく広げる。
3.フライ返しで押しつけながら、じゅうっと焼き付ける。
4.いったん、大皿などにすべらせ移す。
5.フライパンに、バターと醤油を熱し、先ほどの玄米をひっくり返して戻す。
6.ごまをぱらぱら。
7.パルメザンチーズをた〜っぷりかけて、ぱりっぱりのところをいただく!


******
私の尊敬する料理研究家、有元葉子さん企画制作「ラ・バーゼ」の水切りかごをご紹介いたします!有元さんいわく「一生物です」!
しっかりした作り、したたり落ちた水は溜まらず流れ落ちるようになっているなど、実際に料理をする人ならではの機能性が抜群です!センスの良さは、いわずもがな、って感じです!







「まぐろとごまとわさびのあえもの」

疲れて帰ってきても美味しい物が食べたい!火を使わずにまず一品。そんな時の超簡単レシピです。ごま油が、そこそこのまぐろを「絶品まぐろ」に仕立ててくれますよ!

*材料*
まぐろ(さしみ用) 貝割れダイコン ねぎ A{わさび ごま油 醤油 白練り胡麻}
 
1.ボールに、Aの調味料を混ぜ合わせ、短冊切りにしたまぐろを混ぜ合わせる。
2.貝割れダイコンは洗って根をきりおとし、ねぎは5センチ長さの千切りにして水にさらしておく。
3.1のボールに2を入れ、さっくりと混ぜ合わせ、皿に盛る。(食べる直前に混ぜ合わせること)







「イタリア・ウンブリア地方の鶏肉とインゲン豆の煮込み」


イタリア・ウンブリア地方は、山に囲まれた地形がら、海産物より肉を使ったお料理が多く伝わるところだそう。こんな豆と肉を大きな鍋でぐつぐつと煮込んだマンマの味が、郷土の愛するレシピなんだろうなあ。

*材料*

一晩水につけたインゲン豆  骨付き鶏肉(豚かたまり肉を切ったものでも)
玉ねぎみじん切り にんにくみじん切り オリーブオイル 塩 こしょう

1・にんにくみじん切りをオリーブオイルで香りがたつまでじっくり炒める。
2.玉ねぎみじん切りを透き通るまで炒める。
3.鶏肉を色が変わるまで炒める。(この時、お好みでローズマリーやタイムを肉にまぶしておくと美味しいです!)
4.インゲン豆をいれ、ひたひたに水をさし、軽く塩こしょうをふる。
5.肉と豆が柔らかく火が通るまで、弱火でことこと煮る。





「水菜のさらだ」

生の野菜を時々、ばりっばりっと食べたくなります。
そんな夜に作る簡単サラダ!ちょっと和風なさらだです!

*材料*

水菜 油揚げ 大根 白ごま
ごま油 塩 胡椒 酢 醤油

1.油揚げをさっと湯にくぐらせ、油抜きしておく。
2.油をしかないフライパンで、油揚げをじ〜っくり、こんがり焼き付ける。
3・油揚げを細切りする。
4.水菜は洗って、ざく切り。(水気はしっかりとってくださいね!)
5.大根は、細切り。
6.ボールに、1〜5の材料をすべて入れて、まずはごま油を回しかけ、よ〜くあえる。
7.塩胡椒、酢を入れ、、醤油少々。白ごまもふる。
8・もう一度よ〜くあえて出来上がり!






「骨付き鶏と大根のスープ煮」

塩と酒のみで煮込む、簡単であったか〜いスープじたての煮込みです。
何だか、心まで温かかくなる一品です!


*材料*

大根 骨付き鶏 油揚げ 塩 こしょう 酒

*作り方

1 輪切りにした大根を米のとぎ汁で下ゆでする。

2 油揚げをさっと煮て、油抜きする。

3 骨付き鶏をたっぷりの水で、煮る。最初は中火、煮立ったら弱火で、20分!

4 大根と油揚げを入れ煮込み、塩、こしょう、酒で味付けする。

5 器に盛り、たっぷりの胡椒を挽き、熱々をいただく!




「冬のミネストローネ」

ミネストローネって、暑い夏のイメージ。
冬のミネストローネを作ったら、イタリアよりもロシアって感じがします。
冬野菜をいっぱい入れて!

*材料*

じゃがいも 玉ねぎ かぶ カリフラワー 白いんげん豆 (煮てある豆) セロリ トマト缶 
スープキューブ1個 ベーコン

*作り方*

1 玉ねぎ ベーコンを炒める

2 水を注ぎいれ、野菜や豆を入れて、とろ火で煮込む

3 トマトも入れて、とろりとしたら出来上がり!





「玄米ボールのあつあつメープル焼き」

今年の春、メープルシロップを使ったお料理コンテストで、東京での決選大会に出場した
時の、オリジナルレシピです。憧れの有元葉子さんとお会いできた、生涯の思い出になったレシピです!


*材料*

玄米 溶けるチーズ 貝割れだいこん メープルシロップ 醤油 白ごま


*作り方*

1 炊いた玄米に、醤油少々、白ごまをいれ、すりこぎなどで、軽くつぶして、
 一口ボール状にまるめる。

2 バターを塗ったオーブン皿に置いて、250度のオーブンで5分ほど焼き、かりっとさせる。

3 いったんオーブンから出し、溶けるチーズを散らして、再びオーブンへ。

4 チーズが溶けたら、オーブンから出して、メープルシロップをとろりと回しかけ、貝割れだいこんを散らす。

5 あつあつを食卓へ


こりすレシピ

ホームへもどる

「よぉ〜しっ!!!今晩は本を見て何か作ってみるぞ〜!」なぁんて頑張ってみても、結局は細かな分量とかはよく見ずに適当になっちゃうこと多いんですよねぇ〜。(^^;)
で、こりすレシピは細かいことなしですっ(*^_^*)「作ってみるかぁ〜!」って気軽に出来るものばかりです。